F数 10-12 連立方程式とグラフ①

F数 中2関数・グラフF数 中2

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「連立方程式とグラフ① ~方程式からグラフへ~」です。
 連立方程式をグラフから解きます。


 今回の動画で扱っている例題は、次のようなものです。

例題

 連立方程式 \(~\displaystyle \left\{
\begin{array}{l}
x+y=5 \\
3x-2y=10
\end{array}
\right.~\) をグラフを使って解きなさい。
 

 上の例題が問題なく解ける方は「F数 10-13」へ。
 
 「10章 一次関数」の違う単元を見たい場合は、「F数 ライブラリ 10章 一次関数」へ
 
 F数の詳しい説明や他の章を見たい場合は、「F数 ライブラリ」へ。


学習の手順

①ノート(プリント)を印刷→ノート
 
②下の動画を見ながら、ノートの動画例題を解く(理解する)。
 
動画例題を理解したら、ノートの練習問題を解く。
 
④解答で答え合わせをする。→解説

Fukusukeねこさまの数学教室~


 ねこさまの疑問通り、なぜこのような解き方を学ぶのかが大事です。次回の内容に繋がってきます。

   
 
 


◇参考文献等
・(2016)『未来へひろがる 数学2』,pp.78-79,啓林館.