大きな数の数え方

数学雑学数学雑学

 一、十、百、千、万、億、兆、‥‥と続いていく数詞。どこまで言えますか??
 今回は、使われている漢字の意味も含めて数詞をまとめていきます。
Ⅰ 数の読み方
Ⅱ 大きな数の数詞


ちなみに、分、厘などの「小さな数の数え方」も用意しています。


目次
  • 1. Ⅰ 数の読み方
  • 2. Ⅱ 大きな数の数詞

Ⅰ 数の読み方

 現在、「0」から「9」までの10個の数字でどんな大きい数でも表すことができます。
 ただ、数を口に出して読むときには「数詞」と呼ばれる言葉が必要となってきます。
 
 例えば、「293」。これを読むときに「二九三(にきゅうさん)」と読む日本人はまずいないでしょう。
 普通、これを「二百九十三(にひゃくきゅうじゅうさん)」と読みます。
 
 仮にケタが増えたとしても、「1 2345 6789」を「一億 二千三百四十五万 六千七百八十九」と、数詞のおかげで4ケタ刻みで読むことができるのです。

※よく「123,456,789」と3ケタごとに点が入っていますが、これは英語での読み方に対応しています。
("one hundred twenty-three million   four hundred fifty-six thousand seven hundred eighty-nine")

 ただ、ケタ数が増えれば増えるほど数詞が必要となってきます。
 日本で言えば、4ケタ増えるごとに新しい数詞を使うことになります。(千、百、十は使いまわしますが・・・)
 
 そこで、次の章で、大きな数の数詞を漢字の意味と共に紹介していきます。


Ⅱ 大きな数の数詞

 では、表でまとめてみましょう。「??」が付いているのはあくまでもこの記事の筆者の予測です。

漢字 読み方 漢字の意味
\(1\) イチ わずか、ちょっと
\(10 \) ジュウ 数の多いこと
\(10^2 \) ヒャク 多くの、たくさん
\(10^3 \) セン 数の多いさま
\(10^4 \) マン 数の多いこと
\(10^8 \) オク 数のきわめて多いこと
\(10^{12} \) チョウ 数の多いこと
\(10^{16} \) ケイ みやこ
\(10^{20} \) ガイ きわみ。国の果て。(ケイ(みやこ)から遠いから??)
\(10^{24} \) ジョ 稲の束。積み重ねる。
\(10^{28} \) ジョウ みのる。豊かに実る。(ジョ(稲の束)からさらに豊作??)
\(10^{32} \) コウ 用水路。どぶ。
\(10^{36} \) カン 谷水。谷川。(コウ(用水路)から水量が増えた??)
\(10^{40}\) セイ ??
\(10^{44}\) サイ 積む。
\(10^{48}\) ゴク きわみ。はなはだしい。
\(10^{52}\) 恒河沙 コウガシャ 数が非常に多いこと。恒河(ガンジス川)の沙(すな)のように多い
\(10^{56}\) 阿僧祇 アソウギ 数えきれないほど大きな数。
\(10^{60}\) 那由他 ナユタ きわめて大きな数
\(10^{64}\) 不可思議 フカシギ 人間の知恵・常識では理解、想像できないこと
\(10^{68}\) 無量大数 ムリョウタイスウ 無量(はかりきれないほど大きい)大数(大きな数)

 \(~10^{52}~\)からは読むのも大変ですね。
 また、意味的に「ケイ」と「ガイ」や「ジョ」と「ジョウ」、「コウ」と「カン」にストーリー性がありそうです。
 
 「セイ」だけは調べてもそれっぽい意味が出てきませんでした。
 
 すべて覚えていると自慢できそうな数学雑学でした。


 漢字の意味を併せて調べることで、これらの数詞が作られた経緯をもっと知りたくなりました。


 
 


◇参考文献等
・日本漢字能力検定協会(2015)『漢検 漢字辞典[第2版]』
・「にほんごであそぼ 月の歌」,<https://www.nhk.or.jp/kids/nihongo/song/nig_1905_ichijyuhyaku.html > 2020年4月12日アクセス

数学雑学数学雑学

Posted by Fuku