数学史5-2 ~紀元前の中国(数字)~

 紀元前1600年の殷の時代から存在する甲骨文字。
 数字はどのように表されていたのでしょうか?

←前回
数学史5-1 ~紀元前の中国(歴史)~
次回→
数学史5-3 ~紀元前の中国(算木)~
目次

Ⅰ 甲骨文字の数字

 紀元前の中国では、刀で線を切りつけて書く甲骨文字が使われていました。

亀の甲羅
出典:National Museum of China, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

 骨や亀の甲羅に刻まれていて、絵や記号のような文字が多く作られました。
 
 数字も存在していて、まず基本となる$~1~$から$~10~$までの数字を見てみましょう。
甲骨文字の1~10
 刀で描くため、シンプルな文字が多いです。
 
 次に、$~10~$から$~19~$ですが、エジプトのヒエログリフのように、$~10~$と$~1~$~$~9~$を組み合わせることで表せます。
13,15,19
 次に、$~20~,~30~,~40~$ですが、たし算の考え方で、$~10~$を表す縦棒を必要な数だけ書くことで新たな数字(合字)を生成します。
20,30,40
 これに対して、$~50~$から$~90~$に関しては、かけ算の考え方で、$~10~$を表す縦棒と、$~5~$から$~9~$の数字を合わせて書くことで新たな数字を生成します。
50,60,70
 また、$~100~$や$~1000~,~10000~$は新たな基本数字として、次のように与えられています。
100,1000,10000
 以上により、$~99999~$以下の整数は、最大でも$~5~$文字の数字で表すことができます。
様々な数
 このたし算とかけ算の考え方で、新たな数字を作るという発想は、紀元前のインドの数字と同じです。
 
 しかも、紀元前の中国では、これらの数字を用いて分数までも$~10~$進法で使っていたという記録もあります。


Ⅱ 漢数字へ

 甲骨文字は、時と共に形が変わり、紀元前206年から紀元後220年まで続いた漢の時代には、現在の我々が使っている楷書となり、$~3~$世紀頃に日本にも伝わりました。
 
 そこで、数字における甲骨文字から楷書(漢数字)への変遷を見てみましょう。
 
甲骨文字から漢数字へ
 
 こうして見ると、甲骨文字の段階からすでに、今の漢数字に近い形をしていたことがわかります。
 
 次回は計算方法について解説します。


 甲骨文字の$~10000~$だけ、やたら書くの大変そうじゃない?
ふくすけ笑顔
 $~10000~$はサソリがモチーフになっているんだ。ちなみに、「サソリ」を漢字書くと「蠆」。
 漢字と数学のつながり、面白いよね。
←前回
数学史5-1 ~紀元前の中国(歴史)~
次回→
数学史5-3 ~紀元前の中国(算木)~

◇参考文献等
・ヴィクターJカッツ著,上野健爾・三浦信夫監訳,中根美知代・高橋秀裕・林知宏・大谷卓史・佐藤賢一・東慎一郎・中澤聡訳(2009)『カッツ 数学の歴史』,p.9,共立出版.
・中村滋・室井和男(2015)『数学史ーー数学5000年の歩み』,pp.135-137,共立出版.
・三浦伸夫・三宅克哉監訳,久村典子訳(2018)『メルツバッハ&ボイヤー 数学の歴史Ⅰー数学の萌芽から17世紀前期までー』,pp.193-194,朝倉書店.
・中村滋(2019)『ずかん 数字』,pp.70-74,技術評論社.
・ジョニー・ボール著,水谷淳訳(2018)『数学の歴史物語』,pp.167-171,SB Creative.

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

数学の歴史 [ ヴィクター・J.カッツ ]
価格:20900円(税込、送料無料) (2020/12/13時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

数学史 数学5000年の歩み [ 中村滋 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/12/13時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

数学の流れ30講(上(16世紀まで)) [ 志賀浩二 ]
価格:3190円(税込、送料無料) (2020/12/13時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

数字 [ 中村滋=監修 ]
価格:2948円(税込、送料無料) (2020/12/13時点)

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる