文化史数学史文化史

 算木により、非常に高い計算力を誇っていた紀元前の中国。
 そこでの円の扱い方について解説します。

文化史数学史文化史

 紀元前のエジプトやバビロニアと同様、中国にも一次方程式を扱う術があり、特に連立方程式に関してはレベルの高い問題を解いていました。
 他の文明との違いに触れつつ、紀元前の中国の解法について解説します。

文化史文化史

 古代中国では、数の計算に「さん」という道具を用いていました。
 その使い方について解説します。

文化史数学史文化史

 紀元前1600年の殷の時代から存在する甲骨文字。
 数字はどのように表されていたのでしょうか?

文化史数学史文化史

 四大文明の1つとして挙げられる中国。
 紀元前の中国における戦乱の歴史、そして当時の数学を知ることができる資料について解説します。

数学小説紹介数学小説紹介

 『哲学的な何か、あと数学とか』という書籍の読了記録です。タイトルにビビッてしまうのはもったいない!

文化史数学史文化史

 紀元前のインド数学を知ることができる貴重な宗教書『シュルバスートラ』。その中身について解説します。

文化史数学史文化史

 現代数学を語るうえでは欠かせないインド。その紀元前の歴史と、当時使われていた数字について解説します。

文化史数学史文化史

 二次方程式を解く上でも使われた平方根の考え方。バビロニアでは、平方根の近似値がどのように算出されていたのかを解説します。

文化史数学史文化史

 バビロニアでは、代数だけでなく幾何についても研究が進んでいました。
 その中でもピタゴラスの定理(三平方の定理)に焦点を絞って解説をします。