数学史 年表

(数学者の横にある年代は、生まれ年を表します。中身はどんどん追加されていきます。)

B.C.
30万年前
数学史1-1 ~数学のはじまり~
 B.C.
624頃
タレス(~B.C.547頃)


・初めての証明
 B.C.
572頃
ピタゴラス(~B.C.497頃)


三平方の定理の証明
・数の分類
 B.C.
330頃
ユークリッド(~B.C.275頃)


・『原論』
・互除法
三平方の定理の証明
B.C.3世紀 エラトステネスの篩
 B.C.
287
アルキメデス(~B.C.212)


・ \(~\pi~\) の近似
 B.C.
262
アポロニウス(~B.C.190)


・アポロニウスの円
・円錐曲線
B.C.1世紀末 ヘロンの公式
2~3世紀 ディオファントスの墓
476 アールヤバタ(~550)


・正弦の表
598 ブラフマグプタ(~668)


・ブラフマグプタの公式
788 アル・フワーリズミー(~850)


・二次方程式の解法
・アラビア数字の伝播
1501 カルダノ(~1576)


3次方程式の解の公式(1545)
1510 レコード(~1558)


「=」の導入(1557)
1522 フェラリ(~1565)


4次方程式の解の公式(1545)
1550 ネイピア(~1617)


・対数の発見
1588 メルセンヌ(~1648)


・メルセンヌ数
1598 カヴァリエリ(~1647)


・カヴァリエリの定理
1601 フェルマー(~1665)


・フェルマーの小定理
・フェルマーの最終定理
1616 ウォリス(~1703)


ウォリスの公式(1656)
・ウォリス積分
1620 メルカトル(~1687)


メルカトル級数(1668)
1623 パスカル(~1662)


・パスカルの三角形
・パスカルの定理
1638 グレゴリー(~1675)


グレゴリー級数(1671)
1640頃 関 孝和(~1708)


・算法の発展
1646 ライプニッツ(~1716)


ライプニッツ級数(1674)
1652 ロル(~1719)


ロルの定理(1690)
1654 ヤコブ・ベルヌーイ(~1705)


・ベルヌーイ試行
1661 ロピタル(~1704)


・ロピタルの定理
1667 ド・モアブル(~1754)


・ド・モアブルの公式
1680 マチン(~1751)


マチンの公式
1685 テイラー(~1731)


テイラーの定理
テイラー級数(テイラー展開)
1690 ロルの定理
1698 マクローリン(~1746)


マクローリン級数(マクローリン展開)
1700 ダニエル・ベルヌーイ(~1782)


サンクトペテルブルグのパラドックス(1738)
1702 ベイズ(~1761)


・ベイズの定理
1707 オイラー(~1783)


・オイラーの公式
オイラーの多面体定理
1710 シンプソン(~1761)


シンプソンの公式
1717 ダランベール(~1783)


ダランベールの収束判定法
1736 ラグランジュ(~1813)


ラグランジュの補間公式
1768 フーリエ(~1830)


・フーリエ級数
1777 ガウス(~1855)


・合同式
・代数学の基本定理
1789 コーシー(~1857)


・コーシー・リーマンの方程式
18世紀末頃 ナポレオンの定理
1806 ド・モルガン(~1871)


・ド・モルガンの法則
1811 ガロア(~1832)


・ガロア群
1826 リーマン(~1866)


・リーマン予想
1854 ポアンカレ(~1912)


・ポアンカレ予想
1876 三平方の定理の証明(ジェームズ・A・ガーフィールドの証明)
1906 ゲーデル(~1832)


・不完全性定理
1910 コラッツ(~1990)


コラッツの予想
1922 ラングレーの問題
1938 三平方の定理の証明(アン・コンディットの証明)
1953 ワイルズ


・フェルマーの最終定理の証明
1963 ウラムの螺旋
20世紀後半 エフロンのサイコロ

☆参考文献
・ヴィクターJ.カッツ(2009)『カッツ 数学の歴史』,上野健爾監訳,三浦伸夫監訳,中根美知代訳,高橋秀裕訳,林知宏訳,大谷卓史訳,佐藤賢一訳,東慎一郎訳,中沢聡訳, 共立出版.
・Bertrand Hauchecorne , Daniel Suratteau(2015)『世界数学者事典』,熊原啓作訳,日本評論社.

Posted by Fuku