浜村渚の計算ノート1-3(ちごうた計算)

数学小説紹介数学小説紹介

青柳碧人さんの『浜村渚の計算ノート』1巻の読了記録です。
あらすじや感想だけでなく、話の中に出てきた数学的話題についても順次紹介していきます。
Ⅰ 本のデータ
Ⅱ あらすじ
Ⅲ 感想
Ⅳ 登場する数学的な話題


目次
  • 1. Ⅰ 本のデータ
  • 2. Ⅱ あらすじ
  • 3. Ⅲ 感想
  • 4. Ⅳ 登場する数学的な話題

Ⅰ 本のデータ

タイトル 浜村渚の計算ノート
小タイトル \(~\log{1000}\). ちごうた計算
著者 青柳 碧人
出版社 講談社
発売日 2011年6月15日
価格(税抜) 581円
ISBNコード 9784062769815


楽天さんのサイトへ浜村渚の計算ノート (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]


Ⅱ あらすじ

 奈良理科大学教授、四日市潔。数学テロ組織「黒い三角定規」は、世界中に名を轟かせる彼を拉致し、仲間に引き入れようという計画を立てているようだった。
 
 その四日市教授の特別身辺警護という使命のため、奈良まで行くことになった武藤と大山。
 そして、これまでに助っ人として2つの事件を解決に導いた数学少女・浜村渚。
 奈良県警の西村と、田舎町にある奈良理科大学にたどり着く。
 
 数学科の棟を訪れると、教授の部屋の前には稲石昇平、江川花子、後藤さくらという3人の研究室生がいた。しばらくすると、四日市教授が研究室から出てきて、計算に行き詰ったことを理由に散歩に行くという。
 彼は散歩しながら、昨年ドイツに留学した森本という男と、頭の中で会話をするという奇人ぶりであった。
 
 その後、大山と西村が教授を警護する中、何者かに2人が麻酔銃で倒され、教授が誘拐されてしまう。
 麻酔銃という観点から犯人として浮上した農学部の田部輝夫。しかし、田部の家の近くの納屋で死体となって発見されてしまう。
 
 現場に残っていた「夫(14)+1337」という数式から、警察は犯人が稲石だと断定。しかし、この数式の不可解な点から、渚は真犯人は別にいると疑い始める・・・。


Ⅲ 感想

 この話はフィボナッチ数列に溢れています。
 
 まずは、デパートの地下フロアの床のタイル。「白」「赤」のタイルの並べ方から、フィボナッチ数列の規則性に渚は気づきます。
 
 次に、教授へのお土産に選んだパイナップル、誘拐された教授の残したメッセージ、そして事件解決のきっかけともなった数式にもフィボナッチ数列です。

フィボナッチ数列

 次の漸化式で与えられる数列 \(~\{F_n \}~\) をフィボナッチ数列という。
\begin{equation}
F_{n+2}=F_{n+1}+F_{n}
\end{equation}
ただし、 \(~F_{1}=1,F_{2}=1~\) とする。

 上の定義で与えられるフィボナッチ数列は
\begin{equation}
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,\cdots
\end{equation}
というように、直前の2つの数の和で作られる単純な数列であるのにも関わらず、自然界にも登場する不思議な数列です。
 
 パイナップルの模様がその代表例で、それをお土産に選ぶ渚と、そのお土産に喜ぶ数学科生には何か通じるものがあります。
 
 今のパイナップルの話からもわかる通り、この話の中で次のような文があります。

数学者たちは、(中略)端的に言えば、奇人ばかりなのである。

 すごくわかります。Fukusukeは人に「変」と言われることに抵抗があまりありません。状況次第では、それを褒め言葉として受け取る場合もあります。
 Fukusukeの中学時代の塾の数学の先生は「『変態』は褒め言葉」と言っておりました。
 数学好きは数学者の「奇人ぶり」に憧れるものだろうなというのが個人的な意見です。
 
 そんな奇人ぶりを発揮する教授と、個性豊かな3人の研究室生。
 そして、殺人現場でフィボナッチ数列がどう絡んでいるのかに注目の一作です。あなたの周りの数学ヲタクを想像しながら、読んでみてください!! 
 
ビバ、フィボナッチ!


Ⅳ 登場する数学的な話題

 この本の中で登場する数学的な話題を紹介しておきます。Fukusukeが興味を持った話題については、順次別ページで書き加えていきます。
また、本によってはネタバレにつながる話題もありますので、注意してクリックしてください。

数学的話題

 トリックはまさに「ちごうた計算」。このトリックを考えた青柳さんがすごい!!
そして、この話で出てきたある人物が、今後のとある話で再登場したときにはビックリでした。

   
 
 


◇参考文献等
・青柳碧人(2014)『浜村渚の計算ノート』,講談社.

数学小説紹介数学小説紹介

Posted by Fuku