浜村渚の計算ノート3-1(クレタ島・嘘つき迷宮)

数学小説紹介数学小説紹介

青柳碧人さんの『浜村渚の計算ノート』3巻の読了記録です。
あらすじや感想だけでなく、話の中に出てきた数学的話題についても順次紹介していきます。
Ⅰ 本のデータ
Ⅱ あらすじ
Ⅲ 感想
Ⅳ 登場する数学的な話題


目次
  • 1. Ⅰ 本のデータ
  • 2. Ⅱ あらすじ
  • 3. Ⅲ 感想
  • 4. Ⅳ 登場する数学的な話題

Ⅰ 本のデータ

タイトル 浜村渚の計算ノート 3さつめ
水色コンパスと恋する幾何学
小タイトル \(~\log{10}\). クレタ島・嘘つき迷宮
著者 青柳 碧人
出版社 講談社
発売日 2012年6月15日
価格(税抜) 610円
ISBNコード 9784062772518


楽天さんのサイトへ浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]


Ⅱ あらすじ

 ドクター・ピタゴラスの居場所を知る、黒い三角定規の幹部キューティー・オイラーが、学生時代に通っていたアロマキャンドル店。
 そこに、キューティー・オイラーこと皆藤ちなみが出入りしている情報との情報が入った。
 
しかし、皆藤の来店と同時に一斉に警官たちが突入するも、

「―――クレタ人は嘘つきだって、クレタ人は言ったんだよね ♥Cutie Euler♥」

というメッセージカードと共にUSBが残され、店内に人がいなかった。
 
 新潟県警から派遣された、パソコンに長けている錦部春美と共に、USBをパソコンに差し込むと、警視庁のパソコンがウィルスに感染。
 出てきた数学の問題を解くことになり、浜村渚が緊急召集された。
 
 渚は瞬間的に問題を解き、ウィルスを一旦は解除したものの、未だハッキングされた状況の中で、「えぴめにDeath」というドクロのお面を被った人物とのテレビ電話が始まった。
 
 えぴめにDeathは、パラドックスと論理に彩られたロールプレイングゲームを用意しており、渚が主人公として、その世界を旅していく。
 その中では、様々な問題が用意されており、制限時間に攻略しないと、警視庁のシステムがウイルスに破壊されてしまうようになっていた。
 
 主人公・"なぎさ"はゲームを攻略し、コンピュータウイルスから警視庁のパソコンを守ることができるのか・・


Ⅲ 感想

 さぁ、始まりました第3巻。いきなり個性の強い新キャラ・錦部春美が登場します。
 元々は独学でハッキングを覚え、警察に捕まり、保護観察処分を受けているという環境の中で生きている人物です。
 
 そんな錦部を加えた警視庁の面々の中で・・・、やらかしてしまったのは瀬島。キューティー・オイラーが残していった怪しいUSBを何の疑いもなくパソコンに挿してしまいます。

そりゃ、ウイルスにも完成するでしょ・・・。

というツッコミを入れたくなる展開です。
 
 キューティ・オイラーがメッセージとして残したクレタ人のお話や、今回の敵の名前・えぴめにDeath ということからもわかるように、今回のお話の主題はパラドックスです。
 クレタ人のことはもちろん、アキレスと亀の話や床屋のパラドックスについても登場します。
 案内役として亀が喋ったり、理髪店のサインポールがラビリンスの入口に立っていたりと、さりげなく関連したものを描写する青柳さんらしさがこの作品にも表れています。
 
 いろいろな問題を解きながら、ゲームを進めていくという形で物語は進んでいきます。
 犯人は元々学習塾に勤務していた人物で、生徒に問題を考えさせ、解決させるのが、彼のライフワークであると書かれており、まさに今の言葉で言うアクティブ・ラーニングを実施しています。
 この"なぎさ"を主人公としたRPGのように、生徒が飽きずに楽しく理解できる数学ゲームが作れたらおもしろいだろうなぁと、Fukusukeも思いを馳せました。
 
 渚も苦労した種々の問題に頭を悩ませながら、クレタ島ラビリンスを楽しんでみてください!


Ⅳ 登場する数学的な話題

 この本の中で登場する数学的な話題を紹介しておきます。Fukusukeが興味を持った話題については、順次別ページで書き加えていきます。
また、本によってはネタバレにつながる話題もありますので、注意してクリックしてください。
数学的話題


 パラドックス、面白いですよね。つい、いろいろと調べたくなっちゃいます。

   
 
 


◇参考文献等
・青柳碧人(2015)『浜村渚の計算ノート 3さつめ』,講談社.

浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]

数学小説紹介数学小説紹介

Posted by Fuku