浜村渚の計算ノート3-3(「プラトン立体城」殺人事件)

数学小説紹介数学小説紹介

青柳碧人さんの『浜村渚の計算ノート』3巻第3話の読了記録です。
あらすじや感想だけでなく、話の中に出てきた数学的話題についても順次紹介していきます。
Ⅰ 本のデータ
Ⅱ あらすじ
Ⅲ 感想
Ⅳ 登場する数学的な話題


目次
  • 1. Ⅰ 本のデータ
  • 2. Ⅱ あらすじ
  • 3. Ⅲ 感想
  • 4. Ⅳ 登場する数学的な話題

Ⅰ 本のデータ

タイトル 浜村渚の計算ノート 3さつめ
水色コンパスと恋する幾何学
小タイトル \(~\log{1000}\). 「プラトン立体城」殺人事件
著者 青柳 碧人
出版社 講談社
発売日 2012年6月15日
価格(税抜) 610円
ISBNコード 9784062772518


楽天さんのサイトへ浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]


Ⅱ あらすじ

 LAV-RACEの栄田雪子(「浜村渚の計算ノート3-2(アイシテルの正弦)」より)が開発した催眠信号アクセス拒否プログラムが正常に作動し、国民全員が人質になることが解消された。 
 そんな最中、Zeta Tubeに「霧雨リチャードソン」を名乗る人物から、犯行声明があげられた。
 
 その人物は、かつてキューティーオイラーが出入りしていた町屋のアロマキャンドル店(「浜村渚の計算ノート3-1(クレタ島・嘘つき迷宮)」より)の経営者の内田友晴であり、彼の経歴や犯行映像から、函館市内に身を潜めている可能性が高いことがわかる。
 
 そこで、武藤は浜村渚と函館に行くため、東京から「くりおね13号」に乗ることになった。
 
 3人掛けの席で、真ん中の武藤の隣に座ってきたのは、音板江美という名の50歳くらいの女性。
 出版社に務める彼女は、『「プラトン立体城」殺人事件』という小説を渚に薦めてくる。
 
 その小説は、謎解きを読者に任せるとして、事件だけが描かれており、その作者が亡くなったため、誰にも謎が解けていないという状態であった。
 
 かくして、函館までの車内で、小説の謎を解くべく渚と武藤に挑戦が始まった。
 誰にも解けなかった謎を渚は解くことができるのであろうか・・・。


Ⅲ 感想

 今回は実際に起こった事件ではなく、小説の中の事件に武藤たちは立ち向かっていきます。
(冒頭の霧雨リチャードソンは、あくまで函館行きのきっかけに過ぎないです・・・。次の話で本格的に登場します)
 
 そして、リチャードソンより怪しいのは音板江美。
 渚が最初に読んでいた和算の本に興味を示し、数学の題材とした未解決小説を薦めてくるあたり、只者ではありません。
 
 薦められた小説の題は『「プラトン立体城」殺人事件』。
 プラトン立体とは、5種類の正多面体のことで、この小説の中で様々な形で登場しています。
 
 ちなみに当初、渚はこの小説を読むのを武藤に任せています。
 理由は国語が苦手だから。同じ理系として非常に共感が沸きますね。
 
 武藤は盛岡駅に着くまでにこの小説を読み終わり、渚に概要を説明します。
 が、武藤からの情報だけでは謎が解けず、八戸駅に着く少し前には自分で読み始めます。
 
 そして、新青森駅に着くころに一通り読み終え、水色コンパスとさくらんぼノートを武器に謎解明に再挑戦します。
(武藤は大宮~盛岡(1時間半以上)で読んでいるが、渚は八戸~新青森(約30分)で読んでます。集中力の違い??)
 
 水色コンパスと定規により、小説の中の状況が作図されていきます。
 これにより、渚は小説の謎を解くことができるのか?
 
 そして、音板江美の正体は?
 今後の事件の伏線ともなりそうな今作。是非読んでみてください!


Ⅳ 登場する数学的な話題

 この本の中で登場する数学的な話題を紹介しておきます。Fukusukeが興味を持った話題については、順次別ページで書き加えていきます。
また、本によってはネタバレにつながる話題もありますので、注意してクリックしてください。
数学的話題


 小説のいたるところに、ヒントが隠されていたとは・・・。自分も武藤のように、時間をかけつつもぼーっと読んでしまったため、気づきませんでした・・・。

 
 
 
 


◇参考文献等
・青柳碧人(2015)『浜村渚の計算ノート 3さつめ』,講談社.

浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]

数学小説紹介数学小説紹介

Posted by Fuku