浜村渚の計算ノート3-4(武田斐三郎の街で)

数学小説紹介数学小説紹介

青柳碧人さんの『浜村渚の計算ノート』3巻第4話の読了記録です。
あらすじや感想だけでなく、話の中に出てきた数学的話題についても順次紹介していきます。
Ⅰ 本のデータ
Ⅱ あらすじ
Ⅲ 感想
Ⅳ 登場する数学的な話題


目次
  • 1. Ⅰ 本のデータ
  • 2. Ⅱ あらすじ
  • 3. Ⅲ 感想
  • 4. Ⅳ 登場する数学的な話題

Ⅰ 本のデータ

タイトル 浜村渚の計算ノート 3さつめ
水色コンパスと恋する幾何学
小タイトル \(~\log{10000}\). 武田斐三郎の街で
著者 青柳 碧人
出版社 講談社
発売日 2012年6月15日
価格(税抜) 610円
ISBNコード 9784062772518


楽天さんのサイトへ浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]


Ⅱ あらすじ

 霧雨リチャードソンの犯行声明を受け、函館までやってきた武藤と渚。
 
 北海道内全域を統括する部署、通称「どさんこFBI」の牛河原警部と一緒に、黒い三角定規の捜査にあたることとなった。
 
 牛河原警部の案内により函館の夜を満喫した次の朝、武藤は牛河原警部からの電話で目を覚ます。
 市内のいたるところで建物が爆破され、3人の死傷者が出たという話であった。
 
 被害者の3人の共通点として、キューティー・オイラーや霧雨リチャードソンがかつて通っていた塾「斐三郎進学会」の卒業生であることが捜査でわかる。
 
 実行犯が逃げないように検問を行っているJR函館駅に向かう武藤たち。
 目の前を怪しい2人組が通りかかり、乱闘騒ぎの上でその2人を連行することができた。
 
 その2人への捜査により、今夜のうちに函館山で何かを良からぬことが起きることがほのめかされた。
 また、函館フェリー発着所の映像からキューティー・オイラーも函館に来ていたことがわかった。
 
 急遽一般客立ち入り禁止の厳戒態勢を敷かれた函館山。
 夕方になっても動きがなく、霧雨リチャードソンやキューティー・オイラーの企みが読めない中、予想もしない出来事が起きた。

 キューティー・オイラー本人が、警察署にふらりとやって来たのである。

 彼女の意図は? そして、霧雨リチャードソンの企みは? 


Ⅲ 感想

 「司会者」を名乗る音板江美(「浜村渚の計算ノート3-3(「プラトン立体城」殺人事件)」より)との意味深な別れを経て、武藤たちは函館にやってきました。
 
 今回もキャラの濃い人物が登場します。
 「どさんこFBI」の牛河原警部と、その部下である蟹渡と熊坂です↓↓
(扉絵より。サングラスをかけているのが牛河原警部、毛ガニのパーカーを着ているのが蟹渡、そして一番大きい人が熊坂です)

 顔、恰好、ポーズ、すべてにおいて濃すぎます。
 牛、蟹、熊らしさが前面に出ていますね。(;・∀・)
 
しかも、牛河原警部のキメゼリフは「Happy milk to you.」。
 筆者のあとがきでも書かれていますが、ハチャメチャです。
 
 そんな楽しい人物たちと函館を観光し、霧雨リチャードソンに関する捜査をしていく武藤。
 早朝に乱闘騒ぎで捕まえた2人も、蟹のハサミで人質をとるなど、シリアスな展開の中でもツッコミどころ満載です。
 
 しかしながら、ただハチャメチャなまま進んでいくのではなく、キューティー・オイラーの登場により霧雨リチャードソンの過去やねらいが明らかになっていきます。
 そのうえ、渚とキューティー・オイラーの数学トーク。彼女たちの才媛ぶりが如何なく発揮されています。
 
 今後の小説の展開に間違いなく重要な役割を果たすキューティー・オイラーが動き出す今回の話。
 函館の地図を片手にお楽しみください!!
 

<函館広域図>

 五稜郭と函館山が市電で繋がっているのがわかりますね。
 

<函館山付近拡大図>

 作中では、「ハッピーピエロ ベイエリア本店」に渚たちは行きました。
 

<五稜郭付近拡大図>

 武田斐三郎が設計・建設した「五稜郭」があります。地図上でもきれいな星形です。


Ⅳ 登場する数学的な話題

 この本の中で登場する数学的な話題を紹介しておきます。Fukusukeが興味を持った話題については、順次別ページで書き加えていきます。
また、本によってはネタバレにつながる話題もありますので、注意してクリックしてください。
数学的話題


 とにかくいろいろな要素が入っている3巻最終話でした。
 また、本のおまけとして「浜村渚による数学者プチ解説」が6ページほどありますが、こちらも渚ちゃんらしくて読んでいて楽しいです。

   
 
 


◇参考文献等
・青柳碧人(2015)『浜村渚の計算ノート 3さつめ』,講談社.

浜村渚の計算ノート(3さつめ) 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫) [ 青柳碧人 ]

数学小説紹介数学小説紹介

Posted by Fuku