【意味まで解説】数詞の種類一覧! 一,十,百,千,万,億,兆,…どこまで知ってる?

 一、十、百、千、万、億、兆、‥‥と続いていく大きな数の数詞や、
 分、厘、毛、‥‥と続いていく小数点以下の数詞をどこまで言えますか?
 使われている漢字の意味も含めて解説します。

この記事を読んでわかること
  • 大きい数を表すための数詞の種類
  • 小数点以下の数を表すための数詞の種類
  • それらの数詞に使われている漢字の意味
目次

Ⅰ 数詞の必要性は?

 「293」という数を見たとき、ほとんどの人は「二百九十三(にひゃくきゅうじゅうさん)」と読みます。

 数を読むときに使用した「百」や「十」という言葉を数詞と言います。

 数詞が人々に知れ渡っているため、「1 2345 6789」を「一 二千三百四十五九」と、4ケタ刻みで読むこともできるのです。

 逆に、体温計の画面に表示される「36.5℃」。
 これを「三十六点五度」と読む人もいれば、「三十六度 五」と読む人もいます。

 以上のように、数詞は数を読むために必要です。
 しかし、大きな数になるほど、また小数点以下が細かくなるほど、普段あまり使われないマニアックな数詞が必要となるので、現在使われている数詞について一覧表にしてみました。

※ちなみに、よく「123,456,789」と3ケタごとに点が入っていますが、これは英語での読み方に対応しています。
(”one hundred twenty-three million , four hundred fifty-six thousand , seven hundred eighty-nine”)

Ⅱ 大きな数の数詞一覧表

 まずは 一、十、百、千、万から始まる大きな数の数詞の一覧表です。

漢字読み方漢字の意味
$1$イチわずか、ちょっと
$10 $ジュウ数の多いこと
$10^2 $ヒャク多くの、たくさん
$10^3 $セン数の多いさま
$10^4 $マン数の多いこと
$10^8 $オク数のきわめて多いこと
$10^{12} $チョウ数の多いこと
$10^{16} $ケイみやこ
$10^{20} $ガイきわみ。国の果て。ケイ(みやこ)から遠いから??
$10^{24} $ ジョ稲の束。積み重ねる。
$10^{28} $ジョウみのる。豊かに実る。ジョ(稲の束)からさらに豊作??
$10^{32} $コウ用水路。どぶ。
$10^{36} $カン谷水。谷川。コウ(用水路)から水量が増えた??
$10^{40}$セイ??
$10^{44}$サイ積む。
$10^{48}$ゴクきわみ。はなはだしい。
$10^{52}$恒河沙コウガシャ数が非常に多いこと。恒河(ガンジス川)の沙(すな)のように多い
$10^{56}$阿僧祇アソウギ数えきれないほど大きな数。
$10^{60}$那由他ナユタきわめて大きな数
$10^{64}$不可思議フカシギ人間の知恵・常識では理解、想像できないこと
$10^{68}$無量大数ムリョウタイスウ無量(はかりきれないほど大きい)大数(大きな数)
<表1> 大きな数の数詞

※「セイ」だけは調べてもそれっぽい意味が出てきませんでした。
灰色の背景の説明は、筆者の予測が入っています。

 意味的に「ケイ」と「ガイ」は国土、「ジョ」と「ジョウ」は作物、「コウ」と「カン」は水量といったつながりが見られます。

Ⅲ 小数点以下の数の数詞一覧表

 次に、小数点以下についてまとめておきます。

漢字読み方漢字の意味
$10^{-1}$全体を10に分けたときの1つの量
$10^{-2}$リンごくわずかなこと
$10^{-3}$モウ毛のように細いもの
$10^{-4}$糸のように細いもの
$10^{-5}$コツたちまちに。にわかに。
$10^{-6}$かすか。わずか。ほのか。
$10^{-7}$センほそい糸。細い。か細い。
$10^{-8}$シャ
$10^{-9}$ジンちり。ほこり。ゴミ。
$10^{-10}$アイほこり。小さなゴミ。
$10^{-11}$ビョウ果てしなく広がる。はっきり見えない
$10^{-12}$バク果てしないさま。はっきりしない。
$10^{-13}$模糊モコぼんやりしてはっきりしないこと
$10^{-14}$逡巡シュンジュン決断をためらってぐずぐずすること。
$10^{-15}$須臾シュユしばらく。少しの間。
$10^{-16}$瞬息シュンソク瞬間にする息のように短い時間
$10^{-17}$弾指ダンシきわめて短い時間
$10^{-18}$刹那セツナごく短い時間
$10^{-19}$六徳リットク人の守るべき六種の徳目。
$10^{-20}$虚空コクウ無の空間。
$10^{-21}$清浄ショウジョウ煩悩など無く、心清らかなさま
$10^{-22}$阿頼耶アラヤ「阿頼耶識」で、個人の存在の根本にある、通常は意識されることのない識。
$10^{-23}$阿摩羅アマラ「阿摩羅識」で、穢れのない無垢な識。
$10^{-24}$涅槃寂静ネハンジャクジョウ不生不滅の悟りの境地
<表2> 小数点以下の数の数詞

 こうして並べてみると、まずは目に見える小さいものが使われていて、その後「ビョウ」から「モコ」のような風景的なまとまりや、「シュンジュン」から「セツナ」のような時間のまとまりがあります。

 「リットク」からは、仏教用語です。「0(無)」という悟りの境地に近づいていくからでしょうか・・・?

 最後に野球好きの人が陥りやすい間違いを1つ。

 打率などで「0.321」を「32分1厘」と読みますが、このときの「分」や「厘」は、「割」に対する$~\displaystyle \frac{1}{10}~,~ \frac{1}{100}~$です。

 そのため、実際の意味としては、「割」=「分」ということになります。


あらためて指数の便利さがわかったよ。

 うん。普通は、大きな数は「兆」、小数点以下は「厘」くらいまでしか知らないよね。
 覚える必要を失くしてくれた指数に感謝。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる