文化史数学史文化史

 四大文明の1つとして挙げられる中国。
 紀元前の中国における戦乱の歴史、そして当時の数学を知ることができる資料について解説します。

文化史数学史文化史

 紀元前のインド数学を知ることができる貴重な宗教書『シュルバスートラ』。その中身について解説します。

文化史数学史文化史

 現代数学を語るうえでは欠かせないインド。その紀元前の歴史と、当時使われていた数字について解説します。

文化史数学史文化史

 二次方程式を解く上でも使われた平方根の考え方。バビロニアでは、平方根の近似値がどのように算出されていたのかを解説します。

文化史数学史文化史

 バビロニアでは、代数だけでなく幾何についても研究が進んでいました。
 その中でもピタゴラスの定理(三平方の定理)に焦点を絞って解説をします。

文化史数学史文化史

 バビロニアでは、二次方程式は3つの型に分けられました。この記事ではそれぞれの型の解き方について、現在の解き方と比較しながら解説します。

文化史数学史文化史

 バビロニアは代数分野において、エジプトを凌ぐ発展を遂げました。この記事では、その中でも一次方程式の解法について解説します。

文化史数学史文化史

 \(~60~\)進法を使っていたバビロニアでは、四則計算もそれに合った方法で行っていました。加減乗除それぞれの計算方法を解説します。

文化史数学史文化史

 エジプトの単位分数に対し、バビロニアは60進法の小数を使っていました。その小数はどう表されたのでしょうか? また、そもそも60進法を採用していた理由は何かを解説します。

文化史数学史文化史

 エジプトと並んで、紀元前に高度な数学を作り上げたバビロニア。ここでは、どのような数字が使われていたのでしょうか? この記事では、整数に焦点を当てて解説していきます。