小さな数の数え方

数学雑学数学雑学

 分、厘、毛、‥‥と続いていく小さい数を表す数詞。どこまで言えますか??
 今回は、使われている漢字の意味も含めて数詞をまとめていきます。
Ⅰ 数の読み方
Ⅱ 小さい数の数詞


目次
  • 1. Ⅰ 数の読み方
  • 2. Ⅱ 小さな数の数詞

Ⅰ 数の読み方

 現在、「0」から「9」までの10個の数字でどんな大きい数でも小さい数でも表すことができます。
 ただ、数を口に出して読むときには「数詞」と呼ばれる言葉が必要となってきます。
 
 例えば、「293」。これを読むときに「二九三(にきゅうさん)」と読む日本人はまずいないでしょう。
 普通、これを「二百九十三(にひゃくきゅうじゅうさん)」と読みます。
 
 仮にケタが増えたとしても、「1 2345 6789」を「一億 二千三百四十五万 六千七百八十九」と、数詞のおかげで4ケタ刻みで読むことができるのです。(→「大きな数の数え方」へ)
 
 逆に、体温を測ったときの「36.5℃」。これは何と読みますか?
 これを「三十六点五度」と読む人もいれば、「三十六度 五分」と読む人もいますよね?
 
 では、小数点以下のケタ数が増えていったときには、どう読むのでしょうか?
 
 よく知られている「分」「厘」よりも下のケタの数詞を、漢字の意味と共に紹介していきます。


Ⅱ 小さな数の数詞

 では、表でまとめてみましょう。「??」が付いているのはあくまでもこの記事の筆者の予測です。

漢字 読み方 漢字の意味
\(10^{-1}\) 全体を10に分けたときの1つの量
\(10^{-2}\) リン ごくわずかなこと
\(10^{-3}\) モウ 毛のように細いもの
\(10^{-4}\) 糸のように細いもの
\(10^{-5}\) コツ たちまちに。にわかに。
\(10^{-6}\) かすか。わずか。ほのか。
\(10^{-7}\) セン ほそい糸。細い。か細い。
\(10^{-8}\) シャ
\(10^{-9}\) ジン ちり。ほこり。ゴミ。
\(10^{-10}\) アイ ほこり。小さなゴミ。
\(10^{-11}\) ビョウ 果てしなく広がる。はっきり見えない
\(10^{-12}\) バク 果てしないさま。はっきりしない。
\(10^{-13}\) 模糊 モコ ぼんやりしてはっきりしないこと
\(10^{-14}\) 逡巡 シュンジュン 決断をためらってぐずぐずすること。(ぼんやりすること?)
\(10^{-15}\) 須臾 シュユ しばらく。少しの間。
\(10^{-16}\) 瞬息 シュンソク 瞬間にする息のように短い時間
\(10^{-17}\) 弾指 ダンシ きわめて短い時間
\(10^{-18}\) 刹那 セツナ ごく短い時間
\(10^{-19}\) 六徳 リットク 人の守るべき六種の徳目。
\(10^{-20}\) 虚空 コクウ 無の空間。
\(10^{-21}\) 清浄 ショウジョウ 煩悩など無く、心清らかなさま
\(10^{-22}\) 阿頼耶 アラヤ 「阿頼耶識」で、個人の存在の根本にある、通常は意識されることのない識。
\(10^{-23}\) 阿摩羅 アマラ 「阿摩羅識」で、穢れのない無垢な識。
\(10^{-24}\) 涅槃寂静 ネハンジャクジョウ 不生不滅の悟りの境地

 こうして並べてみると、まずは目に見える小さいものが使われていて、その後「ビョウ」から「モコ」のような風景的なまとまりや、「シュンジュン」から「セツナ」のような時間のまとまりがあるようです。
 
 「リットク」からは、漢字の読み方からもわかるよう仏教用語です。「0(無)」に近いからでしょうか・・・?
 
 ちなみに、打率などで「0.321」を「32分1厘」と読みますが、このときの「分」や「厘」は、「割」に対する\(~\displaystyle \frac{1}{10}~,~ \frac{1}{100}~\)です。
 ややこしいですよね・・・。


 仏教用語も相まって、全て続けて読むとお経のように聞こえます。


 
 


◇参考文献等
・日本漢字能力検定協会(2015)『漢検 漢字辞典[第2版]』
・「新纂 浄土宗大辞典」,<http://jodoshuzensho.jp/daijiten/index.php/> 2020年4月14日アクセス

数学雑学数学雑学

Posted by Fuku