文化史文化史

 古代中国では、数の計算に「さん」という道具を用いていました。
 その使い方について解説します。

文化史数学史文化史

 エジプトと並んで、紀元前に高度な数学を作り上げたバビロニア。ここでは、どのような数字が使われていたのでしょうか? この記事では、整数に焦点を当てて解説していきます。

文化史数学史文化史

 古代エジプトの数学の情報源となったリンド・パピルスやモスクワ・パピルス。その中に記載されていて、当時の数学を特徴づける問題をいくつか紹介します。

式と計算式と計算

円周率\( \pi \)は、一番身近な無理数であり、人を惹きつける定数である。古代バビロニアより研究が行われている円周率について、歴史や有名な実験についてまとめておきます。
①円周率の定義
②円周率の歴史
③円周率の実験
④円周率の日

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「近似値と誤差 ~近似値と誤差~」です。
 近似値や誤差、有効数字の意味を学びます。

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「代表値と散らばり③ ~最頻値、範囲~」です。
 資料の形に応じた最頻値の求め方、そして資料の散らばりの度合いを表す範囲の求め方を学びます。

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「代表値と散らばり② ~中央値~」です。
 偶数個あるいは奇数個の資料から、中央値を求める方法をそれぞれ学びます。

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「代表値と散らばり① ~平均値~」です。
 度数分布表から平均値を求める方法を学びます。

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「度数分布③ ~相対度数~」です。
 度数の合計が異なる2つの資料の比較の仕方を学びます。

F数 中1統計F数 中1

 10分で理解と演習ができるFukusukeとねこさまの数学教室。
 今回は、「度数分布② ~ヒストグラムと度数分布多角形~」です。
 前回の度数分布表をもとに、ヒストグラムや度数分布多角形の書き方を説明します。