私学適性(数学)平成30年度解説 大問4

本の解説ベクトル本の解説

 東京都私学教員適性検査の過去問(平成30年度)の答えを解説付きで載せています。
 問題集の解答例で、解法を調べたい際にご活用ください。
大問1
大問2
大問3
大問4(本ページ)
大問5


 他の年度については、コチラからどうぞ。


 問題集にも載っていますが、解答だけをまずは示します。
 問題番号をクリックすると、各問題の解説にスクロールします。

解答


(1)  \(~\displaystyle \frac{1}{3}(\vec{a}+\vec{b})\)
(2)  \(~\displaystyle \frac{6}{11}(\vec{b}-\vec{a})~\)
(3)  \(~\displaystyle \frac{1}{42}(\vec{a}+4\vec{b})~\)


(1)

  \(~G~\) は重心なので、
\begin{align}
\overrightarrow{OG}&=\displaystyle \frac{1}{3}\overrightarrow{OA}+\frac{1}{3}\overrightarrow{OB} \\
\\
&=\frac{1}{3}\vec{a}+\frac{1}{3}\vec{b} \\
\\
&=\frac{1}{3}(\vec{a}+\vec{b})
\end{align}
が求まった。


(2)


 内角二等分線の性質より、
\begin{equation}
AC:CB=OA:OB=6:5
\end{equation}
なので、
\begin{align}
\displaystyle \overrightarrow{AC}&=\frac{6}{11}\overrightarrow{AB} \\
\\
&=\frac{6}{11}(\vec{b}-\vec{a})
\end{align}
が求まった。


(3)

  \(~D~\) を \(~AB~\) の中点とすると、次のような図になる。

  \(~\overrightarrow{GI}~\) を次のように分解する。
\begin{equation}
\overrightarrow{GI}=\overrightarrow{GD}+\overrightarrow{DC}+\overrightarrow{CI} \cdots (*)
\end{equation}
 
 ① \(~\overrightarrow{GD}~\) を求める。
  \(~G~\) は重心なので、 \(~OG:GD=2:1~\) となる。(1)より、
\begin{align}
\overrightarrow{GD}&=\displaystyle \frac{1}{2}\overrightarrow{OG} \\
\\
&=\frac{1}{2}\cdot \frac{1}{3}(\vec{a}+\vec{b}) \\
\\
&=\frac{1}{6}\vec{a}+\frac{1}{6}\vec{b}
\end{align}
が求まる。
 
 ② \(~\overrightarrow{DC}~\) を求める。
 辺 \(~AB~\) に注目する。
 (2)より、
\begin{equation}
AC:CB=6:5
\end{equation}
であり、また \(~D~\) が \(~AB~\) の中点なので、
\begin{equation}
AD:DB=1:1
\end{equation}
である。

 2種類の比を合わせることで、下のような比になる。

 よって、
\begin{align}
\overrightarrow{DC}&=\displaystyle \frac{1}{22}\overrightarrow{AB} \\
\\
&=\frac{1}{22}(\vec{b}-\vec{a}) \\
\\
&=-\frac{1}{22}\vec{a}+\frac{1}{22}\vec{b}
\end{align}
が求まる。
 
③ \(~\overrightarrow{CI}~\) を求める。
 直線 \(~BI~\) と \(~OA~\) の交点を \(~J~\) とすると、内角二等分線の性質から、
\begin{equation}
OJ:JA=BO:BA=5:3
\end{equation}
である。

 ここで、メネラウスの定理より、
\begin{align}
\displaystyle \frac{OI}{IC}\cdot \frac{CB}{BA}\cdot \frac{AJ}{JO}&=1 \\
\\
\frac{OI}{IC}\cdot \frac{5}{11}\cdot \frac{3}{5}&=1 \\
\\
\frac{OI}{IC}&=\frac{11}{3}
\end{align}
となるため、 \(~OI:IC=11:3~\) であることがわかる。
 
 また、 \(~C~\) は \(~AB~\) を \(~6:5~\) に内分する点であったので、
\begin{equation}
\overrightarrow{OC}=\displaystyle \frac{5}{11}\vec{a}+\frac{6}{11}\vec{b}
\end{equation}
である。
 
 以上より、
\begin{align}
\overrightarrow{CI}&=\displaystyle \frac{3}{14}\overrightarrow{CO} \\
\\
&=-\frac{3}{14}\overrightarrow{OC} \\
\\
&=-\frac{3}{14} \left(\frac{5}{11}\vec{a}+\frac{6}{11}\vec{b} \right) \\
\\
&=-\frac{15}{154}\vec{a}-\frac{9}{77}\vec{b}
\end{align}
が求まる。
 
 
 ①~③を\((*)\)に代入して、

\begin{align}
\overrightarrow{GI}&=\displaystyle \frac{1}{6}\vec{a}+\frac{1}{6}\vec{b}-\frac{1}{22}\vec{a}+\frac{1}{22}\vec{b}-\frac{15}{154}\vec{a}-\frac{9}{77}\vec{b} \\
\\
&=\frac{77}{462}\vec{a}+\frac{77}{462}\vec{b}-\frac{21}{462}\vec{a}+\frac{21}{462}\vec{b}-\frac{45}{462}\vec{a}-\frac{54}{462}\vec{b} \\
\\
&=\frac{11}{462}\vec{a}+\frac{44}{462}\vec{b} \\
\\
&=\frac{1}{42}\vec{a}+\frac{4}{42}\vec{b} \\
\\
&=\frac{1}{42}(\vec{a}+4\vec{b})
\end{align}


\begin{align}
\overrightarrow{GI}&=\displaystyle \frac{1}{6}\vec{a}+\frac{1}{6}\vec{b}-\frac{1}{22}\vec{a}+\frac{1}{22}\vec{b} \\
&-\frac{15}{154}\vec{a}-\frac{9}{77}\vec{b} \\
\\
&=\frac{77}{462}\vec{a}+\frac{77}{462}\vec{b}-\frac{21}{462}\vec{a}+\frac{21}{462}\vec{b} \\
&-\frac{45}{462}\vec{a}-\frac{54}{462}\vec{b} \\
\\
&=\frac{11}{462}\vec{a}+\frac{44}{462}\vec{b} \\
\\
&=\frac{1}{42}\vec{a}+\frac{4}{42}\vec{b} \\
\\
&=\frac{1}{42}(\vec{a}+4\vec{b})
\end{align}

が求まった。


 (1),(2)は簡単。(3)の作業量的に、とばして次の大問(積分)に進んだほうが賢明だったかも!?


 
 


◇参考文献等
・『私学教員適性検査問題集 数学(平成29年度~31年度)』

本の解説ベクトル本の解説

Posted by Fuku